買取サービスを利用するためのお役立ちサイト

>

宅配買取のメリットとデメリット

この記事をシェアする

宅配買取ならではのメリットは

リサイクルショップの買取サービスには、自分からお店へ出向く「店頭買取」、お店のスタッフに自宅まで来てもらう「出張買取」のほか、宅配便で送る「宅配買取」があります。

そのひとつ、宅配買取が注目されているのには、それ相当のメリットが考えられます。
なかでも、宅配業者に集荷に来てもらえることが大きな魅力ではないでしょうか。
本やCDなどをまとめて買い取ってもらう場合、結構な重さになります。
しかし、宅配買取を利用すると、自分で持ち運びしなくても済みますよね。

送料をリサイクルショップに負担してもらえることもメリットのひとつです。
宅配買取を利用するには荷造りが不可欠ですが、ダンボール箱がない場合は手配してもらうこともできます。

集荷日時が指定できるのも嬉しいですよね。
荷造りが間に合うか心配な人は、準備ができてからリサイクルショップに依頼するとよいでしょう。

デメリットも知っておこう

自宅まで集荷に来てもらえるなど、宅配買取にはいろいろなメリットがあります。
その一方で、デメリットがあることも知っておきましょう。

まず、荷造りが不可欠という点です。
これは、思った以上に時間が掛かるだけでなく、綿密な作業だといえます。
「大事な商品」を送るためには、配送中の衝撃に耐えられるような配慮が不可欠だからです。

目の前で査定が受けられない点も見逃せません。
事前に査定が可能な場合は、その金額を目安にお店を決める人も少なくないでしょう。
しかし、その時点では実物を見ていないため、実際の査定額と大きく異なる場合もでてきます。

もし、査定額に納得できないときは、送り返してもらう方法があります。
ただし、自分が送料を負担するケースも少なくないのです。
それ以前に、返送手続きに手間取ると考えておきたいですね。